オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

HA-MD50の画像
 解説 

音質状態をグラフィック表示できるプリメインアンプ。

FL管を用いた集中ディスプレイパネルを搭載しており、ファンクション、ボリューム、音質コントロオールなどの状態をグラフィック表示します。

コンピュータートーンメモリーを搭載しており、トーンコントロール状態をマイクロコンピューターが記憶します。
この機能ではHigh、Mid、Lowのレベル調整をしてメモリーすればワンタッチでレベル調整状態が再現できます。メモリーは12個まで可能となっています。

マイクミキシングが可能です。

ボリュームやファンクション・バランサーにはフェザータッチ式を採用しています。
マイクロコンピューターを採用することで操作性が向上しており、ボリュームアップはゆっくり、ダウンは早くと使いやすさを取り入れています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
実効出力 60W+60W(両ch駆動、1kHz、8Ω、EIAJ5%)
全高調波歪率 0.05%(1/2出力時)
出力帯域幅 10Hz〜30kHz(0.2%)
Phono周波数特性(RIAA) 30Hz〜15kHz ±0.5dB
トーンコントロール Treble:±8dB(10kHz)
Mid:±8dB(700Hz)
Low:±8dB(100Hz)
トーンコントロールメモリー 12個
消費電力 90W
外形寸法 幅320×高さ72×奥行283mm
重量 5kg