オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

HA-510の画像
 解説 

低歪と高出力化を図ったプリメインアンプ。

パワーアンプ部は厳選されたHi-Fi用ペアトランジスタと、エミッタ接地インバーテッドダーリントン純コンプリメンタリーで構成されています。また、ドライバー段に安定な差動増幅定電流駆動方式を採り入れ、微少出力時のクロスオーバー歪を抑えることで高音質化を図っています。

イコライザー段は、初段差動入力-FET-バイポーラトランジスタの3段構成で、±2電源でドライブすることで280mVのダイナミックマージンを得ています。

フラットアンプ部はFET-PNPの組合せによる2段直結形で、交流・直流同時にNFBをかけることで低歪・安定化を図っています。

ボリュームには22接点スイッチ式アッテネーターを採用しており、正確な音量調整を可能にしています。

スピーカーBレベルのコントロールが-15dBまで調整可能です。
これにより比較試聴の際にスピーカーのレベル合わせが可能です。

トーンディフィート、、ローフィルター、モードスイッチ、ラウドネス、マイク端子などの機能を搭載しています。

ウッドケースは別売りオプションとして販売されました。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
<パワーアンプ部>
回路方式 差動1段全段直結エミッタ接地インバーテッドダーリントン
純コンプリメンタリーOCL
実効出力
20Hz〜20kHz、両ch駆動: 50W+50W(4Ω)
43W+43W(8Ω)
1kHz、両ch駆動: 65W+65W(4Ω)
50W+50W(8Ω)
1kHz、片ch駆動: 80W/80W(4Ω)
56W/56W(8Ω)
ダイナミックパワー(IHF) 140W(8Ω)
全高調波歪率 0.3%(実効出力時)
0.008%(1/2実効出力時、1kHz)
混変調歪率(70Hz:7kHz=4:1) 0.05%(実効出力時)
0.05%(1W出力時)
出力帯域幅(IHF) 8Hz〜45kHz
周波数特性 10Hz〜30kHz +0 -1dB
入力感度/インピーダンス 0.7V/70kΩ
出力端子 A、B:4Ω〜16Ω
A+B:8Ω〜16Ω
ヘッドホン端子:4Ω〜16Ω
ダンピングファクター 60以上(1kHz、8Ω)
S/N 100dB(IHF、Aネットワーク、入力ショート)
<プリアンプ部>
回路方式 イコライザーアンプ:差動1段3段直結、FET使用
コントロールアンプ:NF形、初段FET使用
入力感度/インピーダンス Phono1:2mV/50kΩ
Phono2:2〜5mV/50kΩ(Low/High切換)
Tuner、Aux、Tape PB1、2:100mV/50kΩ
Mic:2mV/25kΩ
Phono最大許容入力 Phono1:280mV(RMS、1kHz)
Phono2:280〜750mV(RMS、1kHz)
出力レベル/インピーダンス
Tape rec1、2: 100mV/1kΩ
Pre out: 0.7V/4.7kΩ(定格)
6V/4.7kΩ(最大)
周波数特性 Phono(RIAA偏差):30Hz〜15kHz ±0.3dB
トーンコントロール Bass:±10dB(100Hz)
Treble:±10dB(10kHz)
フィルター Low:40Hz、6dB/oct
ラウドネスコントロール +9dB(100Hz)、+4dB(10kHz)
(Volume -30dB)
S/N(IHF、Aネットワーク、
入力ショート)
Phono:75dB
Tuner、Aux、Tape PB:90dB
<総合>
使用半導体 トランジスタ:44個
FET:4個
ダイオード:35個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
ACアウトレット 電源スイッチ連動:1系統
電源スイッチ非連動:1系統
定格消費電力 105W(電気用品取締法)
外形寸法 本体:幅435×高さ144×奥行388mm
ウッドケース使用時:幅467×高さ179×奥行400mm
重量 10.8kg
別売 ウッドケース LA-200(\6,500)