オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

HA-1100の画像
 解説 

総合的に価値あるアンプを創ることを開発目標に、ローディの技術力を結集して開発したステレオプリメインアンプ。

パワーアンプ部は、差動2段定電流駆動エミッタ設置インバーテッドダーリントン純コンプリメンタリーOCL回路構成を採用し、低歪率を実現しています。
また、特性の揃ったペアトランジスタのパラレルプッシュプルにより電流特性のリニアリティが良く、さらに大容量電源により小出力から大出力まで忠実な伝送を実現しています。

イコライザー段には初段にFET差動アンプを用いた3段構成を採用しており、±2電源でドライブすることで大きなダイナミックマージンと低歪を得ています。

トーンコントロール回路は、イコライザー回路と同じ差動入力形3段構成アンプを採用しており、終段は定電流負荷によるエミッタフォロアとなっています。これによりトーンの位置によるSN比の劣化や周波数特性のうねりを抑えられています。
また、このトーンコントロールにはターンオーバー周波数の切換えが、Bass、Trebleともに3段行え、より好みの音質に調整することが可能です。さらに、トーンディフィートスイッチによってフラットな周波数特性を得ることも可能です。

ボリュームには22接点スイッチ式アッテネーターを採用しています。
また、加算式3段ゲインセレクターを搭載しています。

スピーカーBレベル調整を搭載しています。

Phono2の端子は入力レベルを6dB可変させることが可能です。

電子式保護回路を搭載しています。

2段切換式のローフィルターとハイフィルターを搭載しています。

モードスイッチ、ラウドネススイッチを搭載しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
<パワーアンプ部>
回路方式 差動2段全段直結エミッタ接地インバーテッドダーリントン
純コンプリメンタリーOCL
実効出力
20Hz〜20kHz、両ch駆動: 90W+90W(4Ω)
80W+80W(8Ω)
1kHz、両ch駆動: 100W+100W(4Ω)
90W+90W(8Ω)
1kHz、片ch駆動: 110W/110W(4Ω)
100W/100W(8Ω)
ダイナミックパワー(IHF) 220W(8Ω)
全高調波歪率 0.1%(実効出力時)
0.006%(1/2実効出力時、1kHz)
混変調歪率(70Hz:7kHz=4:1) 0.03%(実効出力時)
0.03%(1W出力時)
出力帯域幅 6Hz〜50kHz
周波数特性 6Hz〜60kHz +0 -1dB
入力感度/インピーダンス 1V/70kΩ
出力端子 A、B、C:4Ω〜16Ω
A+B、A+C:8Ω〜16Ω
ヘッドホン端子:4Ω〜16Ω
ダンピングファクター 60以上(1kHz、8Ω)
S/N(IHF、Aネットワーク) 100dB以上
<プリアンプ部>
回路方式 イコライザーアンプ:差動1段3段直結、FET使用
コントロールアンプ:NF形、初段FET使用
入力感度/インピーダンス Phono1:2mV/50kΩ
Phono2:1.6〜6mV/50kΩ(連続可変)
Tuner、Aux1、2、Tape PB1、2:100mV/50kΩ
Phono最大許容入力 Phono1:430mV(RMS、1kHz)
Phono2:330〜1300mV(RMS、1kHz)
出力レベル/インピーダンス
Tape rec1、2: 100mV/1kΩ
Pre out: 1V/28Ω(定格)
15V/28Ω(最大)
周波数特性 Phono(RIAA偏差):30Hz〜15kHz ±0.3dB
トーンコントロール
Bass: ±10dB(50Hz、100Hz、150Hz)
ターンオーバー周波数:150Hz、300Hz、600Hz
Treble: ±10dB(6kHz、10kHz、20kHz)
ターンオーバー周波数:1.5kHz、3kHz、6kHz
フィルター Low:15Hz/30Hz、12dB/oct
High:8kHz/16kHz、6dB/oct
ラウドネスコントロール(Volume -30dB) +13dB(100Hz)、+7dB(10kHz)
S/N(IHF、Aネットワーク、入力ショート) Phono:75dB
Tuner、Aux、Tape PB:90dB
アッテネーター -5、-10、-20dB(加算可能)
<総合>
使用半導体 トランジスタ:61個
FET:8個
ダイオード:32個
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
ACアウトレット 電源スイッチ連動:1系統
電源スイッチ非連動:2系統
定格消費電力(電気用品取締法) 200W
外形寸法 幅468×高さ188×奥行395mm
重量 18kg