オーディオの足跡
ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

Reference Model3の画像

KEF Reference Model3 \250,000(1台、1995年頃)

解説
UNI-QドライバーとTCC方式を採用した新リファレンスシリーズのトールボーイ型スピーカーシステム。

低域には独自のインターポート・バス・システムであるTCC(ツイン・カップルド・キャビティ)方式を採用しています。
Reference Model3ではキャビネット内部に20cmパルプコーン型ウーファーB200を2個背中合わせに搭載しており、双方で吸収・放出をすることで通常のユニットが2倍の振動幅を持ったのと同じ音圧を得ています。各ユニットはそれぞれキャビネット内の上部と下部に配置されたボックス状のキャビティに接地されており、このキャビティに設けられたホール(インター・ポート)によって周波数をチューニングする構造となっています。これらの内部機構によって非常にハイスピードかつ重厚な低域再生を可能にしており、さらに中高域ユニットと同一平面上にレイアウトしたエアーダイアフラムによって低域の位相を一致させています。
さらに、2つのウーファーユニット間での相互干渉や音響エネルギーの打ち消し合いが起きるのを防ぐため、硬質なアルミ素材で作られた直径50mmのフォース・キャンセリング・ロッドによって2つのウーファーマグネット部をジョイントしています。これにより音質に悪影響を与える遅延共振を防止しています。

中低域用にはポリプロピレン振動板を用いた16cmコーン型ウーファーであるB160を搭載しています。

中域・高域にはKEF独自の同軸型ユニットである16cmUNI-Qドライバーを搭載しています。
このユニットはコーン型ウーファー部にMB160、ソフトドーム型トゥイーター部にNT25を採用しており、同軸構造とするとともに、奥行方向の振動板の位置についても同一ポイントにすることで音響の中心を完全に重ねています。これにより時間、空間、指向性のあらゆる点で一致する単一音源を実現しています。この構造を実現するため、トゥイーターNT25にはフェライトの10倍の磁力を持つネオジウム・アイアン・ボロンを採用しており、磁気回路の小型化に成功しています。
新リファレンスシリーズではトゥイーターダイアフラムにピュア・シルクを使用しており、音のつながりを改善しています。

ネットワーク部は独自のコンピューターデータ解析をもとに設計されています。
また、配線材には無酸素銅ワイヤーを採用しており、高純度な伝送を可能にしています。

バッフル面の影響によって音場の広がりが阻害されるのを防ぐため、UNI-Qドライバーを最上部にレイアウトしたデザインとなっています。これにより歪を低減し、音の広がりや音場感、位相特性を改善しています。
また、ユニットごとの相互干渉や外部からの不要振動による影響を抑えるため、バッフル面には制振性に優れ音響的にも非常にデッドな特性を持つ新素材HDSP(High Density Structural Polymer)を採用しています。しかも、この素材に対し各ユニットを吸振ゴム材を挟んだセミ・フローティング加工とし、ビス止め部も吸振材によるデカップル構造とするなどによってキャビネットの振動からの影響を排除しています。
さらに、スピーカーのエッジが音に与える影響を考慮し、全体を流線型のエルゴデザインに仕上げています。

キャビネット底面にはスピーカーユニットを固定する素材と同じHDSPを使用しており、全体の安定化を図ると共に外部振動によるサウンドへの干渉を排除しています。
外観はイタリア調の木目を特長とするロゼッタ・バー・フィニッシュとしています。

リア・ターミナルには真鍮を鋳型に流し込み、金メッキを施した強固なものを採用しています。
また、バイワイヤリングやバイアンプに対応し、バナナプラグも使用できます。

脚部には金メッキ加工が施された真鍮製インシュレーターを装備しています。
さらに、この脚部の芯部は逆さに入れ替えることでスパイクにもなり、床面の状態に応じて長さの調節も可能となっています。

左右の特性はユニットの段階から厳密に管理、チューニングされており、±0.5dB以内の誤差に抑えられています。
また、一本一本のスピーカーは材料の選定から加工、組み上げ、ハンダ付け配線、製品検査まで一人の熟練工が管理、製造しており、全ての作業を手作業で行うことで高い品質を実現しています。
 
 
内部構造図
フォースキャンセリングロッド
リアターミナル部とネットワーク TCCとSCCの構造図
UNI-Qドライバー ユニットマウント部断面図
スパイク収納時 スパイク使用時
 
機種の定格
方式 4ウェイ・4スピーカー・TCC方式・トールボーイ型・防磁設計
使用ユニット 低域用:20cmコーン型(B200)×2
中低域用:16cmコーン型(B160)
中域・高域用:16cm同軸型(16cmコーン(MB160)+2.5cmドーム(NT25))
周波数特性 40Hz〜20kHz ±3dB
38Hz -6dB
インピーダンス
出力音圧レベル 91dB/2.83V/1m
最大出力レベル 115dB
クロスオーバー周波数 140Hz、400Hz、3kHz
外形寸法 幅275×高さ1,137×奥行430mm
重量 36kg
付属 スパイク