オーディオの足跡

Mark-IIIの画像
 解説 

ダイナコが開発した管球式モノラルパワーアンプ。

出力トランスには、ダイナコ創設者であるDavid Hafler氏が立ち上げたアクロサウンド社製の特注出力トランスを採用しています。

出力管には6550(KT-88)を採用しており、プッシュプル方式によってハイパワーを得ています。

機種の定格
型式 管球式モノラルパワーアンプ
出力 60W(定格)
140W(ピーク)
全高調波歪率 0.5%以下(60W、20Hz~20kHz)
混変調歪率 1%以下(定格出力時)
0.5%以下(50W出力時)
0.05%以下(1W出力時)
周波数特性 6Hz~60kHz ±0.5dB
16Hz~25kHz ±0.5dB(最大出力時)
入力感度 1.6V(60W)
SN比 90dB以上(定格出力時)
出力インピーダンス 4Ω、8Ω、16Ω
ダンピングファクター 15
使用真空管 6550(KT-88):2本
6AN8:1本
GZ-34(5AR4):1本
消費電力 150W
外形寸法 幅229x高さ190x奥行229mm
重量 13.5kg(1973年カタログ記載)
12.5kg(1974年カタログ記載)
11.5kg(1976年カタログ記載)