オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

PMA-S1の画像
 解説 

POA-S1の思想を継承し、繊細さと力強さの高次元な両立を図ったプリメインアンプ。

増幅素子に大電流型増幅素子UHC MOSを採用しています。
UHC MOSは電流供給力がバイポーラトランジスタと同等以上に改善され、MOS FETの音質的なメリットも合わせ持つ素子となっています。
さらに、この素子の能力を最大限に引き出すためカスコードブートストラップ方式を採用しており、電力増幅段への理想的な負荷を実現し、シンプルかつストレートな構成を実現しており、音質を汚す原因であったソース抵抗もUHC MOSの安定性を生かして排除しています。

BTL回路の採用により、低い電源電圧で大出力が得られるため、音響用に優れたデバイスの採用が可能となっています。
また、動作基準となるアース回路とスピーカー出力電流を完全分離し、より高品質な音質を実現しています。

シャーシには振動減衰特性に優れ、電磁歪が発生しにくく、高精度な加工が可能な非磁性体の砂型鋳物を採用しています。さらにシャーシとラジエーターを一体化することにより、徹底した高剛性と無共振化を実現しています。
また、トランスのコア、焼結合金インシュレーターも砂型鋳物シャーシに直接固定しており、防振構造の限界まで追求しています。

バランス入力とノーマル入力の両入力に対応する、新開発NEWインバーテッドΣバランス回路を搭載しており、入力段、電圧増幅段での個別の変換回路を不要とし、ダイレクトにBTL構成のバランスパワーアンプに入力ができるバランスダイレクト設計となっています。

イコライザーアンプは2段構成の専用定電圧電源を採用しています。
Phono入力を使用しない場合はEQ PowerスイッチをOFFにすることで回路および電源を完全に遮断できるため、CDなどライン入力の音質への影響を解消できます。

信号経路のシンプル&ストレート化を徹底するため、プリアウト、メインイン端子、トーンコントロール、フィルター、ラウドネス、ミューティング、ヘッドホン端子を搭載していません。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
<パワーアンプ部>
定格出力 100W+100W(4Ω、1kHz)
50W+50W(8Ω、20Hz〜20kHz)
全高調波歪率 0.007%(1kHz、25W、8Ω)
出力帯域幅 5Hz〜50kHz(出力25W、8Ω、THD 0.1%)
出力インピーダンス 0.1Ω以下
スピーカー出力端子 4Ω〜16Ω
<プリアンプ部>
入力感度/インピーダンス Phono MM:2.5mV/47kΩ
Line:150mV/47kΩ
Balanced:150mV/100kΩ
最大許容入力電圧 Phono MM:150mV(0.1%)
定格出力 Rec Out:150mV/1kHz
イコライザー(RIAA偏差) 20Hz〜20kHz ±0.3dB
全高調波歪率 0.002%(1kHz、5V)
<総合>
SN比 Phono MM:91dB(入力5mV時)
Line:108dB
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 230W
外形寸法 幅434×高さ155×奥行493mm
重量 25.5kg