オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

Lab-1000の画像
 解説 

Labシリーズの大型スピーカーシステム。

Lab-1000は、エンクロージャーの上部と下部が独立した構造を採用しており、上部エンクロージャーを前後に動かしたり聞く方向に向けて調整することができます。また、専用のスタンドが付属しており、低域かぶりを防止しています。

低域には30cmコーン型ウーファーであるW-1000を搭載しています。
このユニットには糸吊り式ダンパーを採用しており、一般的な布ダンパーで発生するノンリニア成分を排除しています。

中域にはマルチセラーホーン型のスコーカーを搭載しています。
このユニットでは、ホーンと逆方向のバックケースに向かって取り付けられた硬質軽合金ダイアフラムにボイスコイルと反対位置にガイドボビンが接合されており、抗張力に富んだナイロン系単繊維糸が正接して張り渡されています。この糸は綾掛けの1本糸であり、張力を厳密にコントロールしたうえでポールの一端だけで結束封止しているため、三辺の張力が自動的に釣り合うことになります。これによりセンターずれが起きません。
糸吊り構造を採用したことにより、ダイアフラムのエッジには例外的に柔らかい材質を使用することが可能となっています。これによりホーン型で逆共振を嫌ってエッジをタンジェンシャル化、ロール化しても相対的に生じていたダイアフラム頂部の剛性不足を解消しています。

高域にはマルチセラーホーン型ツィーターであるT-1000を搭載しています。
このユニットの振動板にはストレッチド・ジュラルミン・メンブレン振動板を採用しています。

中域と高域用にレベルコントロールを搭載しています。

エンクロージャーにはマルチダクトのバスレフ方式を採用しています。
Lab-1000では付属の吸音材とポートカバーによって位相反転動作を調整できます。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット 低域用:30cmコーン型
中域用:ホーン型
高域用:ホーン型
インピーダンス
最大入力 150W(瞬間最大)
再生周波数帯域 -
出力音圧レベル 95dB/m
クロスオーバー周波数 800Hz、5kHz
外形寸法 幅540×高さ1050(脚台200)×奥行400mm
重量 45kg(脚台除く)