オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

DX-7の画像
 解説 

Xシリーズで蓄積された経験とノウハウをもとに、デジタルオーディオ時代に対応するスピーカーとして開発されたブックシェルフ型スピーカーシステム。

低域には31cmコーン型ウーファーを搭載しています。
振動板には、国産や北欧系の優れたパルプをブレンドしポーラスな物性と熱硬化性ポリマー処理強化で立体的架橋構造に作り上げ、質量・剛性比を50%以上向上したコーン紙を採用しています。
また、高リニアリティダンパー、無酸素銅リボン線のエッジワイズ巻ボイスコイル(ロングストローク型)といった振動系と、160mmφの磁気回路を搭載しています。

中域には9cmハードドーム型スコーカーを搭載しています。
ダイアフラム素材には、新開発のATMC超硬質軽合金を採用しています。さらに、重さを増さずに剛性を高めるため、Hv500と従来比2.7倍以上の、サファイアに近い高度の厚膜で内外面を表面処理し、サンドイッチ構造で適当な内部損失を持たせています。
エッジの形状にはリニアリティの良いタンジェンシャル方式を採用し、ウーファーとのつながりをスムーズに行うため低いfo(250Hz)を確保しています。
またイコライザーの改良により、トゥイーターとのつながりや位相等化を改善しています。
ボイスコイルには、純アルミリボン線を無酸素銅の被膜で強化してあり、高耐入力化を図っています。

高域には中域同様にATMCダイアフラムを用いた3.6cmハードドーム型トゥイーターを搭載しています。
エッジにはダイアフラムと一体成形のタンジェンシャルエッジを採用しており、不要な共振を抑え、優れたトランジェント特性を得るとともに、高精度のイコライザーによって干渉歪を軽減させて指向特性を改善しています。

ネットワーク部は、ヒアリングを重視したカットアンドトライによって定数を決定して採用しています。
また、各ユニットのトランジェント特性を発揮させるために、メタライズドフィルムコンデンサーと厳選した磁性材料の積層コアー入りコイルを使用しています。さらに内部配線には無酸素銅線のコードを使用しています。

エンクロージャーには厚づきのウォールナット天然木仕上となっており、コンピューター制御の工作精度と強度で組み立てています。
また、前後左右の連結補強桟により完全剛体構造化し、徹底的なスタンディング・ウェーブ対策を施してエンクロージャーの固有共振を低減しています。

無酸素銅線(0.18mmφ×56芯)のスピーカーケーブルが付属しています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:31cmコーン型
中域用:9cmドーム型
高域用:3.6cmドーム型
再生周波数帯域 28Hz〜33kHz
インピーダンス
プログラムソース入力 150W
瞬間最大入力 300W
クロスオーバー周波数 450Hz、6kHz
出力音圧レベル 95dB/W/m
外形寸法 幅390×高さ710×奥行380mm
重量 31kg
付属 スピーカーケーブル(3m)