オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

WADC-3200の画像
 解説 

スタジオモニター用に開発されたステレオパワーアンプ。

電源部はパワー部とプリ部の電源を独立した構成としています。
パワー部には47,000μFの大容量電解コンデンサーを2個使用し、プリ部はディスクリートレギュレーターを用いた電源変動の影響を回避しています。また、入力ヘッドルームにはDC60Vの余裕を持たせています。
電源トランスにはトロイダルトランスを使用しています。
なお、レギュレーターはプッシュプルタイプの使用を考慮しており、オプションでグレードアップできるようになっています。

アンプ回路の入力部にはモノシリックデュアルFETを採用しており、定電流ドライブとなっています。そして、カスコード接続による2段差動増幅とフィードバックカレントミラー回路による対アースプッシュプル構成となっています。
パワー部はドライブ段もパワー段も全てメタルキャントランジスタを採用しており、モールド型トランジスタで得られない音質を実現しています。

保護回路は左右独立の高速保護回路を搭載しています。
また、電源投入時のショックノイズやトロイダルトランスの突入電流保護回路も搭載しています。

長期にわたって安定使用できるようにメンテナンス性を考え、基板はエッジボードコネクタ方式を採用しています。
また、エッジボードコネクタ方式を採用したことでバージョンアップにも対応できるようになっています。

スピーカー端子はドイツ・フェニックス・コンタクト社の大型端子を採用しており6×6mmの極太ケーブルの接続が可能です。
さらにオプションとして10×10mmのケーブルが使用できるコネクタにも変更が可能です。

冷却機構は外付け大型ヒートシンクを採用することでファンを排除しています。

入力アッテネーターにはアルプス社がデジタルオーディオ用に開発したデテントボリュームを採用しています。

入力カップリングコンデンサには厳選したポリカーボネイトコンデンサを採用しています。
このコンデンサはオプションによって取り外しが可能です。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
入力インピーダンス 20kΩ以下
出力インピーダンス 0.1Ω以下
ゲイン 26dB
定格出力 200W+200W(8Ω)
400W+400W(4Ω)
周波数特性 5Hz〜200kHz ±0.5dB
S/N比 100dB以上
入力コネクタ XLRタイプ3ピン(アンバランス)
1/Ground、2/Ground、3/Signal
保護回路 出力 DC0.5V 過電流15Aで作動
電源 AC100V
※AC115Vに変更可
ヒューズ 8A
外形寸法 幅483×高さ132.5×奥行436mm
(3U/EIA)
重量 15kg