オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

ARターンテーブル(80年代)の画像
 解説 

AR社の経験とノウハウやアナログ再生技術を結集して改良されたターンテーブル。

このターンテーブルは1962年に開発されたARターンテーブルをベースに改良が施されています。

キャビネット構造にはフローティングサスペンション方式を採用しており、ターンテーブル本体をキャビネットから3点のコイルスプリングでフロートしています。これによりレコード再生に害を及ぼすアコースティックフィードバックをシャットアウトしています。

センターピンドルにはオイルベアリング構造支軸を採用しており、なめらかな回転を実現しています。
また、共振共鳴に強い2層ターンテーブルを24極シンクロナスモーターを用いてベルトドライブすることでスムーズな回転精度を実現しています。

キャビネットには高密度パーティクルボードを採用しており、外装はウォルナットの高級突き板で仕上げられています。

ARターンテーブルはアームレスモデルでしたが、ARターンテーブルのマッチングを追求したオリジナルアーム搭載モデルもありました。

機種の定格
型式 ターンテーブル
駆動方式 ベルトドライブ
モーター 24極シンクロナスモーター
回転数 33 1/3、45rpm
ターンテーブル重量 1.8kg
サスペンション 3ポイント・ダンプドスプリングサスペンション方式
ワウ・フラッター 0.04%以下(DIN45507)
S/N 73dB(DIN45539B WTD)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 9W
外形寸法 幅460×高さ179×奥行387mm(ダストカバー閉)
重量 8.2kg