オーディオの足跡
セカイモンで海外の機器を探す

A5の画像

ALTEC LANSING A5system
A5(1975年前半)
A5(1975年後半〜

A5B/MRII594A
A5C/MRII594A




※1945年発売
価格不明(1台、1975年頃)
\632,500(1台、1975年頃)
\655,000(1台、1977年頃)
価格不明(1台、1988年頃)
価格不明(1台、1988年頃)

解説
アルテックの代表的なスピーカーシステム。

A5はボイス・オブ・ザ・シアターと名付けられたアルテックの劇場用スピーカーシステムの1つです。
ボイス・オブ・ザ・シアターは1945年にA1からA6までのバリエーションがリリースされ、その後1954年にA7、その後A8、A9、A10が加えられた全10種類がラインナップされていました。
1953年にボイス・オブ・ザ・シアターシリーズは映画芸術科学アカデミーからワールドスタンダードの承認が与えられました。

日本ではA7より遅く、A7が60年台のカタログから掲載されているのに対し、A5は1975年以降になってはじめて掲載されるようになりました。

A5の高域ホーンはステレオサウンド誌によると、本来はマルチセラーホーンだったようです。しかし、代理店であったエレクトリが家庭用として使用することを考慮して311-90に変更して販売していたようです。これが理由か分かりませんが日本ではA5はA5systemとだけ掲載された機種が長い間販売されており、使用ユニット等が変更されても製品名は変わらないままでした(海外ではA5、A5A、A5-Xなどの型番があったようです)
 
   
A5(1975年前半頃)

管理人が所持している日本国内のカタログでは最初期のA5になります。

低域には38cmコーン型ウーファー515Bを使用し、高域にはドライバー291-16Aとホーン311-90を使用しています。

ネットワークはN500F、エンクロージャーは825Bを使用しています。
A5の画像 A5(1975年後半〜)

A5とA7の単品カタログに掲載されているA5です。
1975年のものとは写真では同じに見えますが、ユニット、エンクロージャーが異なります。また、1975年後半の総合カタログでも構成が変更されていました)

低域には38cmコーン型ウーファー515Bを使用し、高域にはドライバー288-16Gとホーン311-90を使用しています。

ネットワークは1975年後半のカタログではN500F、エンクロージャーは828Bを使用しています。


※1976年の単品カタログではネットワークがN500F-Aに変更されていました。
A5(1980年〜1981年)

1980年〜1981年の国内カタログに掲載されていたA5です。

写真は同一ですが、2つのカタログでは構成に変更があり、エンクロージャーが1980年のカタログでは828C、1981年のカタログでは828Eとなっていました。

低域には38cmコーン型ウーファー515Cを使用し、高域にはドライバー288-16Hとホーン311-90を使用しています。
A5C/MRII594A A5B/MRII594A A5C/MRII594A


A5にマンタレイホーンMRII594Aを組み合わせたスピーカーシステム。

A5BとA5Cの違いは高域とネットワークで、A5Bではドライバーユニット288-8LとネットワークN1285-8Bを使用し、A5Cではドライバーユニット299-8AとN500-8Hを使用しています。
A5BのN1285-8Bはクロスオーバー切替式となっています。また、A5Cの299-8Aにはパスカライト・ダイアフラムを採用しています。

低域には38cmコーン型ウーファー515-8Gを使用し、エンクロージャーには828Hを搭載しています。
エンクロージャーは120Hz以下ではバスレフ動作し、120Hz以上ではホーン動作となります。板材には19mm厚パーティクルボードを使用しています。外観はシアターグレイのスパッター仕上げが施されています。
ホーンの取付け上面固定だけでなく、エンクロージャー内蔵も可能となっています。

端子には赤黒五角形バインディングポストを使用しており、極性は赤端子に正信号を流すと振動系が前面に動くようになっています。

 
 
機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・ホーン+バスレフ方式・フロア型
構成
型名 低域 高域 ネットワーク エンクロージャー インピーダンス クロスオーバー 許容入力
米国 A5(1945): 515 288+
H805/H1005/H1505
N500C H110 12Ω 500Hz
A5-X: 515B 288C+
805B/1005B/1505B
N500C 825 16Ω
A5-X:
(1975)
288-16G+
805B/1005B/1505B
N500F 828B 60W
A5A:
(1980)
515E 288-16K+
805B/1005B/1505B
N500F 828E
A5A:
(1983)
828G
日本国内 1975前半: 515B 291-16A+311-90 N500F 825B 16Ω 500Hz 50W(最大)
1975後半: 288-16G+311-90 828B 75W(連続プログラム)
1976: N500F-A 60W(連続プログラム)
1977: 75W(連続プログラム)
1980: 515C 828C
1981: 828E
A5B/MRII594A: 515-8G 288-8L+MRII594A N1285-8B 828H 500、800、1.2kHz -
A5C/MRII594A: 299-8A+MRII594A N500-8H 500Hz 75W(AES基準)
150W(プログラム定格)
周波数特性 A5A(海外、1980):40Hz〜15kHz
A5(1975後半/1976):30Hz〜16kHz
A5(1977):30Hz〜15kHz
A5(1980/1981):30Hz〜16kHz
A5C/MRII594A:35Hz〜20kHz
出力音圧レベル A5X(海外、1975/1978):104dB SPL
A5(1975後半/1976/1980/1981):106dB(新JIS)
A5C/MRII594A:103dB SPL(1W、1m、35Hz〜20kHz)
最大出力 A5C/MRII594A:122.2dB-SPL(1m)
外形寸法 A5(1975前半):幅762×高さ1,470×奥行610mm
A5(1975後半/1976/1980/1981):幅762×高さ1,470×奥行612mm
A5B/MRII594A:幅760×高さ1,397×奥行610mm(海外カタログ記載)
A5C/MRII594A:幅762×高さ1,378×奥行610mm(海外カタログではA5B/MRII594Aと同じ)
重量 A5A(海外、1983):109kg(805B)、110kg(1005B)、116kg(1505B)
A5(1975前半/後半/1976):75.6kg
A5(1980/1981):84.6kg
A5B/MRII594A:91kg(海外カタログ記載)
A5C/MRII594A:82kg(海外カタログではA5B/MRII594Aと同じ)