オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

X-360の画像
 解説 

電磁ブレーキやクロスフィールドヘッドなどの技術を投入したプロフェッショナル用ステレオテープレコーダー。

ヘッド部にはクロスフィールドヘッドを採用しています。
この方式では信号電流は録音ヘッドに、バイアス電流は外側のバイアス専用ヘッドに加えられるようにしてあります。そしてこれらのヘッドは相対的にずらされた規定の空間位置にあるため、バイアスを加えてもテープ上に記録される信号はバイアス磁界の悪影響を受けずに録音され、より忠実な録音を実現しています。

メカニズム部には3モーター構成を採用しています。
キャプスタンドライブ用にはヒステリシスシンクロナス3モーターを使用しており、セレクターボタンを押すだけでワンタッチ切替が可能です。

オートマチックダストマインダーを搭載しています。
肉眼でヘッドの汚れを調べる必要がなく、ランプが点灯した時点でヘッドを清掃すれば良い設計となっています。

オートマチックボリュームコントロール(Comput-O-Matic)を搭載しています。
セットボタンを押すだけであとは自動的に動作を行うため、VUメーターを見ながらボリュームコントロールを手に調整して録音を行う必要がありません。

オートマチックリバース機能を搭載しており、再生時のリバースを自動的に行います。
センシングテープによるリバースにも対応しています。

早送り、巻戻し時に動作するテープリフターを搭載しています。

電磁ブレーキを搭載しており、テープの走行停止を完璧に行うため、テープが伸びたりたるんだりせずに止まります。

オートマチックストップやオートマチックシャットオフ機能を搭載しています。

オートマチックピンチローラーレリース機能を搭載しています。

トーンコントロール機能を搭載しています。

リセットボタン付きの4桁テープカウンターを搭載しています。

リモートコントロールジャックを搭載しています。

外観はウォルナット仕上げが施されています。

スピーカーには12cmコーン型スピーカーを2個搭載しています。

機種の定格
型式 テープデッキ
テープ速度 4.75cm/s(1-7/8inch/s)
9.5cm/s(3-3/4inch/s)
19cm/s(7-1/2inch/s)
38cm/s(15inch/s、付属アダプター使用で可能)
ワウフラッター 0.04%RMS以下(19cm/s)
0.07%RMS以下(9.5cm/s)
0.15%RMS以下(4.75cm/s)
周波数特性 30Hz〜18kHz ±3dB(9.5cm/s)
全高調波歪率 1.5%以下(1kHz、0VU、19cm/s)
SN比 50dB以上
入力レベル Mic:0.5mV以上
Line:50mV以上
DIN(Low):5mV以上
DIN(High):50mV以上
ミュージックパワー 25W+25W
無歪出力 20W+20W
録音(再生)補償特性 NARTB特性
録音バイアス周波数 100kHz
録音レベル指示 VUメーター×2
録音方式 4トラックステレオ/モノラル、クロスフィールドバイアス方式(特許 第451906号)
早送り、巻戻し方式 各75秒(370mテープ、50Hz)
各60秒(370mテープ、60Hz)
使用リール 7型リール
ヘッド 消去、再生、録音、バイアス:クロスフィールドヘッド方式
モーター ヒステリシスシンクロナス3スピードモーター×1
6極アウターローターモーター×2
使用スピーカー 12cmコーン型×2
使用半導体 トランジスタ:60個
電源電圧 AC100V〜240V間で6段階切換、50Hz/60Hz
消費電力 70〜200VA
外形寸法 幅406×高さ444×奥行254mm
重量 28kg
付属 7型デモンストレーションテープ×1
7型オートマチック金属リール×1
38cm/s用アダプターキット×1
テープクリーナー用パッド×2
シリコンオイル×1
スペアヒューズ×2