オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

GX-221Dの画像
 解説 

GXヘッドやオイル循環式無給油型モーターを内蔵したテープデッキ。

ヘッドにはGXヘッドを採用しています。
GXヘッドのコアは、パーマロイや一般の多結晶フェライトと違い、優れた磁気特性を誇るローノイズ単結晶フェライトから出来ており、コア全体が単一の結晶体のため耐摩耗性が優れています。
さらに、同一の摩耗特性を持つ超硬質ガラスで包まれています。
これにより、ヘッド全体の形状を理想的に作る事ができ、その結果イコライザーの補償量の極めて小さな、フォーカス状の鋭い磁界が生まれ、同時にテープのダイナミックレンジが拡大されて、ハイレベルでのS/N日・歪率に優れた録音/再生を可能にしています。

テープ走行系の万全を期すため、3モーター方式が採用されています。
キャプスタン駆動用モーターには、AKAIが開発したオイル循環式無給油型モーターが使用されてます。
これは、ヒステリシスシンクロナスモーターの内部に、セルローズファイバー保油材からなるオイル潤滑機構を設けています。これにより、シャフトの回転力と温度上昇を利用してオイルが自動的に循環し、モータートラブルのない滑らかな回転を維持します。
またリール駆動用には、トルクの大きな6極エディカレントアウターローターモーター2個が使われています。

スーパーレンジテープ(S.R.T)や、一般のローノイズテープを使う時には、テープ切換スイッチをS.R.Tにセットするだけで、周波数補償量が切換えられて、それぞれの特性を発揮させることが出来ます。

オートリバース再生機構、手動リバースボタンを搭載しています。

2レバー方式操作機構を搭載しています。

3スピードにあわせたイコライザースイッチ、スタートボタン付一時停止レバーを搭載しています。

重ね録音が可能なサウンドオンサウンドボタンを搭載しています。

テープが一方のリールに巻き取られた時、リールの回転が止まるオートマチックストップ機構、電源が自動的に切れるオートマチックシャットオフ機構を搭載しています。

同時モニターができるモニタースイッチを搭載しています。

左右チャンネル録音レベルコントロール搭載。

VUメーター搭載。

機種の定格
型式 ステレオテープデッキ
トラック方式 4トラック2チャンネルステレオ・モノラル方式
最大使用リール 7号
テープスピード 19cm/s、9.5cm/s、4.8cm/s
ワウ・フラッター 0.08%RMS以下(19cm/s)
0.12%RMS以下(9.5cm/s)
録音/再生補償特性 NAB特性
周波数特性
AKAI S.R.Tテープ使用: 30Hz〜25,000Hz ±3dB(19cm/s)
30Hz〜20,000Hz ±3dB(0.5cm/s)
スタンダードテープ使用: 30Hz〜23,000Hz ±3dB(19cm/s)
30Hz〜19,000Hz ±3dB(9.5cm/s)
歪率 1.5%以下(1000Hz、0VUにて)
S/N 50dB以上
消去率 70dB以上
録音バイアス周波数 100kHz
ヘッド 3ヘッド
4トラックGX録音・GX再生ヘッド
4トラック消去ヘッド
モーター 3モーター
キャプスタンドライブ用:ヒステリシスシンクロナス3スピードモーター
供給/巻取りリールドライブ用:6極エディカレントアウターローターモーター
早送り/巻戻し時間 75秒以内(370mテープ使用)
録音時間 4時間ステレオ録音(4.8cm/s、370mテープ使用)
出力ジャック Line:1.23V(0VU)/100Ω(最適負荷インピーダンス:20kΩ以上)
ヘッドホン:30mV〜40mV/8Ω
入力ジャック マイクロホン:0.2mV/10kΩ
ライン:50mV/150kΩ
DINジャック 0.4V/50mV(High)/2mV(Low)
使用半導体 トランジスタ:24個
ダイオード:14個
リニアIC:2個
電源電圧 AC100V〜240V、50Hz/60Hz
消費電力 90W
外形寸法 幅430×高さ425×奥行220mm
重量 20.2kg
付属 コネクションコード×1
空リール×1
センシングテープ×1
スペアフェーズ×1