オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

AM-A70の画像
 解説 

オープンループサーキットを搭載したインテグレーテッドアンプ。

NFBに頼らずにシンプルを追求したオープンループサーキットを搭載しています。
この回路ではオーバーオールのNFBループを排除しており、アンプの基本構成も電圧増幅段(Vアンプ)と電流増幅段(Iアンプ)の2段だけのシンプルな構成となっています。そして、パワートランジスタをチャンネルあたり2個使用したパラレルプッシュプル2段ダーリントン構成となっています。
AM-A70ではPhonoイコライザーアンプとメインアンプにディスクリート構成のオープンループサーキットを搭載しています。さらに、VアンプとIアンプの間にアカイ独自のゼロドライブ回路を挿入し、低インピーダンス駆動能力を向上させ全段直結2ポールDCサーボアンプで回路の安定性を高めるなどの配慮を行っています。

シンプルな回路では素子の特性がそのまま音に現れるため、徹底したヒアリングテストによって厳選したパーツを使用しており、音質的に優れた結果の得られたトランジスタやコンデンサー、抵抗などを採用しています。
特にコンデンサーによる音質劣化を少なくするため、電解コンデンサーの使用を従来のアンプの3分の1に低減しています。イコライザーアンプとVアンプは独立の定電圧電源を使用していますが、この電源を含めて平滑用の電解コンデンサーが2個だけとなっています。また、Iアンプも保護回路を除くと電解コンデンサーは2個だけとなっています。

電解コンデンサーにはオーディオ用のAS-1を採用し、Vアンプ/Iアンプ用の整流回路にはファーストリカバリーダイオードを採用しています。
また、Vアンプ出力段やパワーデバイスのドライブ段に高分解能のFBET(折返し電極トランジスタ)、DCサーボ回路にドイツ・レーダーシュタイン社(ERO)のメタライズドポリエステルフィルムコンデンサーを採用しています。
さらに、FBETに銅ヒートシンクを採用して振動を抑えたり、電解コンデンサーの塗料に非磁性体のものを使用するなど、音質改善を図っています。

ラインストレートスイッチを搭載しており、トーンコントロール回路をジャンプすることができます。

ビデオ用の入出力端子を搭載しています。
ビデオ映像端子にはバッファアンプが設けられており、ノイズを抑えています。

インプットセレクターと独立して使用できるレックセレクターを搭載しています。

2系統スピーカー切換スイッチを搭載しています。

MCカートリッジセレクタースイッチを搭載しています。

-20dBミューティング回路を搭載しています。

サブソニックフィルターやラウドネスを搭載しています。

フロントパネルにはアルミフロントパネルを採用しています。

全入出力端子に導電性・耐経年変化に優れた金メッキ端子を採用しています。

極性表示付きの無酸素銅電源コードを採用しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
<パワーアンプ部>
実効出力
(20Hz〜20kHz、両ch駆動時)
115W+115W(6Ω)
100W+100W(8Ω)
全高調波歪率 0.7%(20Hz〜20kHz)
0.5%(8Ω、実効出力時)
出力帯域幅(IHF) 10Hz〜80kHz
ダンピングファクター 30(1kHz、8Ω)
周波数特性 5Hz〜100kHz -3dB
<プリアンプ部>
入力感度/インピーダンス Phono MM:2.0mV/47kΩ
Phono MC:0.2mV/100Ω
CD、Tuner、Tape:150mV/47kΩ
VTR、V.Disc(audio):150mV/47kΩ
VTR、V.Disc(video):1Vp-p/75Ω
Phono最大許容入力(1kHz) MM:250mV
MC:25mV
出力レベル/インピーダンス Tape rec:150mV/1kΩ
VTR rec(audio):150mV/1kΩ
VTR rec(video):1Vp-p/75Ω
Monitor out(video):1Vp-p/75Ω
S/N比(IHF-A) Phono MM:86dB
Phono MC:67dB
CD、Tuner、Tape:100dB
<総合>
定格消費電力(電気用品取締法) 160W
外形寸法 幅440×高さ120×奥行410mm
重量 11.5kg