オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

ATM-211の画像
 解説 

A&M創立15周年記念に発表された、21世紀最初のモデルにあたる管球式モノラルパワーアンプ。

ATM-300Bに続くSingle-Ended Triode Ampの第2弾として、放送局等で送信管として使用されてきた直熱3極管211を出力段に採用しています。

出力段は、無帰還(0dB)で直熱3極管211の音を追求するため、オール3極管構成の真空管ドライブアンプ・スタイルを採用しています。

A級動作。

出力管カソードフォロワー直結ドライブによりハイパワーを追及しています。

211フィラメントを直流点火することでヒーターハムを除去しています。

リレーを採用したミューティング回路で、出力管電解コンデンサーを保護し、長寿命化を図っています。

増幅段/バイアス/ヒーター/リレーの各回路ごとに別巻線の電源トランスを作り、相互干渉を抑えています。

広帯域のタムラ大型トランスを採用しています。

バイアスチェック回路を採用することで、出力管の動作状況が確認できます。

機種の定格
型式 モノラルパワーアンプ
出力 22W(8Ω)
周波数特性 20Hz〜20kHz ±1dB(22W)
入力インピーダンス 100kΩ
使用真空管 211:1個
12AX7:1個
12BH7:1個
外形寸法 幅390×高さ260×奥行360mm
重量 26kg