オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

Stella Opusの画像
 解説 

「自社開発ユニットの性能を最大限に発揮させる」という設計コンセプトの下で開発されたスピーカーシステム。

低域には16cmコーン型ウーファーを2個搭載しています。
このユニットでは、トゥイーターとの音のつながりを考慮して、天然材のペーパー・コーンにコーティング処理をし、さらに高域の減衰特性が素直で雑共振の少ない5角形の振動板形状を持つ振動板を採用しています。
また、ダブルボイスコイル構造を採用しており、電気的にも機械的にも完全パラレル駆動として作動させています。

高域には3.5cmの逆ドーム型トゥイーターを搭載しています。
このユニットの振動板には、バイオセルロース(天然繊維)50%とカーボンファイバー50%を混抄したものを採用しています。これは、4年がかりで新たに開発されたもので、バイオセルロースの超微細繊維がカーボンファイバーをしっかり包み込むことによって、カーボンファイバー独特の擦れによるカサカサ音を抑えています。
また、マグネットにはネオジウムマグネットを採用しています。

高域・低域のユニットはどちらもダブルマグネット方式を採用しているため、漏洩磁束によるブラウン管などへの影響がありません。

foの極度に低いトゥイーターを余裕を持って使用し、クロスオーバー周波数付近で発生しやすい歪感を抑えています。
また、ダブルウーファーの振動板振幅を最小限にコントロールする新しいバスレフ理論によって駆動することで、中域への混変調歪を除去しています。

ステラ・オパスは仕上げに5種類のバリエーションがあり、ラッカー仕上げ(ポプラ、ピアノブラック、エラブルレッド)と、マット仕上げ(ピアー、オーク)がありました。

機種の定格
方式 2ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・トールボーイ型・防磁型
使用ユニット 低域用:16cmコーン型×2
高域用:3.5cm逆ドーム型
周波数特性 33Hz〜25kHz -3dB
クロスオーバー 3.2kHz
音圧レベル 89dB/m/W
入力レベル 200W(ミュージック)
インピーダンス
仕上げ ラッカー仕上げ:ポプラ、ピアノブラック、エラブルレッド
マット仕上げ:ピアー、オーク
外形寸法 幅250×高さ1010×奥行320mm
重量 38kg