オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

Stella Elegansの画像
 解説 

BWT方式の"マンガーユニット"を搭載したステラシリーズ最上位にあたるフロア型スピーカーシステム。

低域には、22cmコーン型ウーファーを2個搭載しています。
このユニットは150Hz以下を受持っており、特にトランジェント・レスポンスの向上を考慮し、適切なパラメーターの設定で、極力許容誤差を抑えています。
また、マグネットをダブルにして漏洩磁束を低減し、デリケートなBWTユニットへの外部磁界の影響を排除しています。

高域にはBWT方式(ベンディングウェーブトランスデューサ)を採用した20cm平面型トゥイーターを搭載しています。
BWT方式では、平面振動板を中心から外周に向かって振動伝搬してエネルギーを音に変換する構造となっており、ドイツのヨーゼフ W. マンガー氏が30年もの歳月をかけて完成したものです。

スピーカーユニットを内部ロスの大きな特殊発泡樹脂を介してバッフル・ボードへ取り付けることで、フロント・バッフルへの振動の伝搬を抑えています。

エンクロージャーには25mm厚の高品位MDF材を使用することで十分な強度を得るとともに、25mm厚のMDFによって補強が施されています。補強材は、十分な強度を実現するために、端材ではなく板をくり抜いたものを使用しています。
また、BWT用の独立チェンバーには、25mm厚のMDF材を使用し垂直方向の補強壁が入れてあります。この補強壁はBWTユニットに対してある特定の角度を付ける事で、音波が複雑な反射を繰り返し、側壁からの反射によるスタンディング・ウェイブの発生と、BWTユニットへの音波の戻りを避けています。

ステラ・エレガンスでは、パワーアンプの出力をPPC(プロセッシング・プレッシャー・コントロール)へ入力しますが、磁界や振動などの外乱を避けるため、PPCユニットを別筐体としています。
このPPCユニットは、トゥイーターのマンガーユニットとウーファーの動作を可能な限り近づけるための働きを持っており、これによって低域から高域にいたる全帯域を保証しています。

エンクロージャーとPPCユニットの仕上げは、フロント面に独特の紋様を持つエラブルレッドバッフルボード、側面等にはピアノブラックのラカー仕上げとなっています。

機種の定格
方式 2ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット 低域用:22cmコーン型×2
高域用:20cmBWT型
周波数特性 28Hz〜33kHz
クロスオーバー 150Hz
音圧レベル 90dB/m/W
最大入力(連続) ウーファーユニット:250W
BWTユニット:100W
瞬間最大入力 ウーファーユニット:800W
BWTユニット:200W
インピーダンス
外形寸法 本体:幅370×高さ1258×奥行400mm
PPCユニット:幅430×高さ125×奥行475mm
重量 本体:59kg
PPCユニット:19kg