オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

DC-81の画像
 解説 

DP-80とペアで発売されたD/Aコンバーター。

D/A変換部には電流加算型を採用しています。さらにDC-81ではディスクリート方式で構成することで16ビットの理論限界値の実現を図っています。

高周波雑音によるオーディオ信号への悪影響を防ぐため、オプトアイソレーターを使用することで電気的な分離をしています。
DC-81では、デジタルフィルターから出力された信号は各ビット信号は左右合計34個のオプト・アイソレーター(伝送帯域7Mbit/sec)で光伝送され、再び電気信号に変換されてD/Aコンバーターに入力されます。これにより電気的に完全に分離され、導体を通してのノイズ干渉がなくなります。基板上では、オプト・アイソレーターの出力は、シールド・フレームの外にあるマザー・プリントボードを通って時期的、電気的に遮蔽されたアナログ回路のコンバーターに入力されます。

デジタルフィルターには左右独立2倍オーバーサンプリング型を採用しており、最も次数の多い121次のフィルターで構成しています。これによって音質に影響を与える通過帯域リップルは±0.001dB以内、減衰量は-90dB異常(24.7kHz)となっています。

ローパスフィルターには、素子を厳選したディスクリートGIC型9次バターワース・アクティブ・フィルターを採用しています。
また、増幅の必要が内容にコンバーターの出力を設定することで、出力段はゲイン0dBのバッファーアンプのみとなっています。この回路にはプッシュプルDCサーボ直結方式を採用することで、低歪特性を実現しています。

デジタル入力端子は、専用の光ファイバー用2系統、同軸ケーブル用1系統の合計3系統を搭載しています。
光ファイバー用受信機の帯域は、送信側と同じ7Mbit/secとなっており、忠実な伝送を可能にしていると同時に、高周波雑音の輻射がありません。

エンファシスが適用されたCDにも対応するため、エンファシス回路を搭載しています。
DC-81のエンファシス回路はパッシブ型のフィルターとバッファーアンプで構成されています。

デジタル回路とアナログ回路を金属でシールドし、さらに電源もそれぞれ専用トランスによって完全に分離しています。
さらに、オーディオ回路は左右の回路を独立したプリント・ボードにレイアウトすることで左右チャンネル間の干渉を防いでいます。

不要輻射対策として、デジタル回路には輻射の少ない高速CMOS ICを多用しています。また、電源を通しての漏れ対策にはラインフィルターを用いています。

出力はRCAフォノジャックが2系統で、内1系統が固定出力、もう1つが可変出力となっています。
また、XLRタイプの平衡出力も搭載しています。

機種の定格
型式 CD専用デジタルプロセッサー
フォーマット CD標準フォーマット
 量子化数:16ビット直線
 サンプリング周波数:44.1kHz ±5Hz
周波数特性 4.0Hz〜20kHz ±0.3dB
全高調波歪率+ノイズ 0.002%(1kHz)
0.008%(20Hz〜20kHz)
S/N、ダイナミックレンジ 106dB
チャンネルセパレーション 100dB
定格出力/インピーダンス
Fixed Balanced:2.5V/50Ω(25Ω/25Ω、平衡XLRタイプ)
Unbalanced:2.5V/50Ω(RCAフォノジャック)
Variable Unbalanced:0〜2.5V/1.25kΩ(最大、RCAフォノジャック)
デジタル入力フォーマット/レベル フォーマット:Digital Audio Interface
Optical:受光電力 -15dBm〜-28dBm
Coaxial:0.5Vp-p/75Ω
使用半導体 トランジスタ:66個
FET:8個
IC:68個
ダイオード:44個
電源電圧 AC100V/117V/220V/240V、50Hz/60Hz
消費電力 25W
外形寸法 幅475×高さ135×奥行373mm
重量 15.5kg