オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

E-406Vの画像
 解説 

アキュフェーズがセパレートアンプの開発で培った技術を投入し、インテグレーテッドアンプの新リファレンスモデルとして開発したインテグレーテッドアンプ。

パワーアンプ部の出力素子には、高周波特性、電流増幅率リニアリティ、スイッチング等の諸特性に優れた、大出力オーディオ用パワートランジスタを採用しています。
この素子を3-パラレル・プッシュプルで構成することにより、負荷の変動に対して安定した動作を実現しており、また、リアクタンス成分・低インピーダンス負荷駆動能力に優れた威力を発揮しています。

パワーアンプ部、ラインアンプ部には位相回転の無いカレント・フィードバック増幅回路を採用しています。
この回路では、帰還側である入力端子のインピーダンスを下げて電流を検出し、その電流をトランス・インピーダンス増幅器でI-V(電流-電圧)変換し、出力信号を作り出しています。このため、帰還入力部分のインピーダンスが低いので位相回転が発生し難く、位相補償の必要が殆どありません。
これにより、少量のNFBで諸特性を大幅に改善でき、立ち上がり等の動特性に優れ、自然なエネルギー応答を実現しています。

ラインアンプ部は、Aクラス増幅段をカスコード化したピュア・コンプリメンタリー・プッシュプル回路を採用しています。これをカレント・フィードバック増幅回路によるディスクリート・パーツで構成しています。
これにより各段の位相補償を軽くすることができ、より自然な音質を得ています。

トーンコントロール部には、本格的グラフィック・イコライザーに使用されている加算型アクティブ・フィルター方式のトーンコントロールを搭載しています。
この方式では、本来のフラット信号はストレートに通過し、必要に応じて別で特性を作り、フラット信号から加減させることで、特性をコントロールしています。

最短でストレートな信号経路を構成するため、ロジック・リレーコントロール方式を採用してます。
使用するリレーには通信工業用の密閉型リレーを採用しており、接点は金貼り・クロスバーツイン方式で、低接点抵抗・高耐久性を実現しています。

電源部には、パワーアンプ/プリアンプ部に独立した高効率トロイダル型電源トランスを採用しており、アンプ間の相互干渉を防止しています。
トロイダル・トランスはドーナツ状のコアに太い銅線を巻く構造なため、インピーダンスが低く、小型で変換効率が高いという特徴を持っています。さらに、E-406Vで採用されたトロイダルトランスは、鉄芯の断面が円に近く、コイルも円形に近く巻け密着性が良いため、ロスが少なく、重量がかるくでき、負荷時のリーケージフラックスを小さくしています。また、鉄芯の断面積を小さく、銅線の重量比率を大きくすることにより、鉄損やインラッシュ電流を低減しています。

スピーカー端子には、極太スピーカーケーブルにも対応可能な真鍮無垢材削り出しの大型端子を採用しています。また、2系統を切替えて使用することができ、バイ・ワイヤリング接続にも対応しています。

出力電力をモニターする大型パワーメーターを搭載しています。
このメーターは対数圧縮型なため、広いダイナミックレンジを一度に見る事が出来ます。

入力セレクター側8系統、テープレコーダー2系統を入力することができ、さらにバランス入力を2系統搭載しています。

プリアンプ部とパワーアンプ部を分離し、独立アンプとして使用するための切替えスイッチとその入出力端子を搭載しています。

リアパネルに、オプションボードを簡単に挿入できるスロットを2系統搭載しており、AAB interface規格に対応したオプションボートを追加することができます。

機種の定格
型式 インテグレーテッドステレオアンプ
定格連続平均出力
(両ch動作、20Hz〜20kHz)
220W/ch(4Ω)
170W/ch(8Ω)
全高調波歪率(両ch動作) 0.02%(4Ω〜16Ω負荷)
IM歪率 0.01%
周波数特性
Main amp input: 20Hz〜20kHz +0 -0.2dB(定格連続平均出力時)
2Hz〜150kHz +0 -3.0dB(1W出力時)
High Level input: 20Hz〜20kHz +0 -0.2dB(定格連続平均出力時)
ダンピングファクター 120(8Ω負荷、50Hz)
入力感度/インピーダンス
(定格出力/EIA1W出力)
High Level input:147mV/11.2mV/20kΩ
Balanced input:147mV/11.2mV/40kΩ
Main input:1.47V/112mV/20kΩ
定格出力/インピーダンス Pre output:1.47V/50Ω(定格連続平均出力時)
ゲイン Main input → output:28dB
High Level input → Pre output:20dB
S/N、入力換算雑音
入力ショート・A-補正 EIA S/N
定格入力時 S/N 入力換算雑音
Main amp input: 127dB -123dBV 103dB
High Level input: 113dB -130dBV 82dB
Balanced input: 90dB -108dBV 82dB
トーンコントロール 低音(300Hz):±10dB(50Hz)
高音(3kHz):±10dB(20kHz)
ラウドネス・コンペンセーター +6dB(100Hz、Volume -30dB)
パワーメーター 対数圧縮型ピークレベル表示
dB目盛及び8Ω負荷時の出力直読
負荷インピーダンス 4Ω〜16Ω
ヘッドホン端子 適合インピーダンス:4Ω〜100Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 55W(無入力時)
350W(電気用品取締法)
585W(8Ω負荷定格出力時)
最大外形寸法 幅475×高さ180×奥行423mm
重量 23kg
付属:リモート・コマンダー RC-20
リモコン方式 赤外線パルス方式
電源 DC 3V
乾電池 単3形(SUM-3/R6)、2個
最大外形寸法 幅55×高さ194×奥行18mm
重量 100g(乾電池含む)
別売:オプションボード
Line-10の画像 ライン入力ボード Line-10(\8,000)
アンバランス方式の一般的なハイレベル入力端子。
CDプレイヤー、チューナーなどアナログ信号を再生します。
AD-10の画像 アナログ・ディスク入力ボード AD-10(\50,000)
高性能ハイゲイン・イコライザーの搭載によりあらゆるカートリッジに対応しています。
内部ディップスイッチにより、MM/MC切替、MC入力インピーダンス、サブソニック・フィルターon/offを設定できます。

MM ゲイン:29dB
入力インピーダンス:47kΩ
MC ゲイン:60dB
入力インピーダンス:10、30、100Ω切替